【無料】大手引越し会社に、一括見積もり!

2007年05月06日

二世帯住宅を真剣に考えてみる

二世帯住宅

住まい作りの意味は、建てる年代で異なります。
30代は子育ての場、40代は子育てと親の老後の引受け、
50代、60代は老後。いずれにせよ、住まいは生活の変化に
柔軟に対応しなければなりません。親との同居のために
建てると想定した場合、しっかりとした二世帯住宅
建てた場合に、将来親世帯のスペースが空家になっても
そのスペースを賃貸に回せば、新たな世代が移り住んできます。
その後、自分たちの子供が成長し結婚したら、賃貸に回していた
スペースを取り戻して、子世帯に住まわすこともできます。
posted by 住宅展示場 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅展示場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。